ブログはそれぞれの写真をクリック♪

棟梁

兼 現場管理

 

堀口 利典

(ほりぐち としのり)

≪ほりさん≫

 

 

俺は大工一筋45年。別名造作の堀口。軸組の堀口って言うやつもいるな。建ってる家見りゃ大方どこが痛んでるかわかるね。内壁が腐ってたり、適当な釘うってあったり、リフォームでさんざんな家たくさん見てきたさ。だから、そうならない家を建てれるんだよ。ダメになった家からいろいろ勉強させてもらったね。今じゃプレカットの家ばかりでカンナひとつ使えんくても、大工って言うそうだな。俺は認めないね。良い家建てたいなら、「大工に会わせろ」って言うこったな。家建てんのは大工だからな。

中古の家買うのも一緒に見に行くよ。「これは買わない方がいいわ」ってはっきり言うからね。自分が直したい家なら勧めるけど、ヘンテコな家直してもまた後でガタ来るから、そうなったらピンポンできなくなっちゃうもんな。一応仕事に責任もってやってるんで、俺の査定は厳しいよ。

棟梁

 

林川 克史

(はやしかわ かつし)

≪かっちゃん≫

 

 

大工道を極めて25年。木材と家のことなら何でも相談してください。自己紹介なんか書いてと言われても困りますが、住宅選びは紙面上ではなく現場で決まると思います。緻密な施工と自分へのこだわり。納得のいく図面じゃないと建てたくないし、改善点は建てる前じゃないと直せないからね。 真夏のあっつい日に現場に来てください。家の中寒いくらい涼しいから。ほんとに。令和30年のお家はだてじゃない。僕たちの造ってる未来の家は邸ごとに進化してるんです。

あと、大上君船木君そして佐藤さん、。あまり無理難題な造作は勘弁してください笑。年々、難しい造作物が増えていってるような。。。

新築事業部長 

 

大上 芳正 

(おおうえ よしまさ)  

《おー家(お~いえ~)》 

 ブログを見る 

 

通称おー家ー。某注文住宅雑誌社から、この会社に惚れてやってきた、滝川生まれ、滝川育ちの39歳。「こんな田舎いやだ!」と滝校を出てから、札幌へ。でも大人になると故郷が恋しいのはなぜなんでしょうね。というわけでやっぱり滝川が大好きなのでした。

今年で娘も3歳に。マックスバリューと焼肉屋のOld newに良く現れます♪

 

 本の営業してた時からずっと思ってたけど、変わった会社だねほんと。さすがソリッド(無垢)ホーム(家)という社名だけのことはある。昨日も社長自ら、無垢材の天然おび杉にダメージ加工とホワイトや黒の色調実験してた。東日本大震災で、仙台の会社が作っている既製品の床材が流されてしまったそうで入手困難に。ないとなると普通はあきらめるけど、作っちゃうんだから・・・。

「輸入材は化学物質が多いから、日本産の木で」

「家が不健康になると、住んでる人も不健康に」

が社長の口ぐせ。

この会社に入るとき「家売ることは考えなくていい。」って。

俺何すれば良いの??

社長「売るがための家づくりはしなくていい。住むがための家づくりを考えてあげてほしい」うむむ。難しい仕事だね。。。住む人の健康とこだわりを実現したいって熱意が大好きだね。  一生ついて行くぜ竹中社長!

大黒柱あります♪

こんな感じで2階まで貫いてるとかっこいいですね。こうご期待♪
こんな感じで2階まで貫いてるとかっこいいですね。こうご期待♪

営業コーディネーター

 

船木 勇

 (ふなき いさむ)

≪ふなっきー≫

 

 

船木です。縁あってこの会社に惹かれました。入社早々、カーテンレール付けたり、基礎もぐったり、大工見習1ヶ月やらされたり、、、、トホホでしたよホント。。 でもやっててよかった。今わかりました。家を造ることを商いにするって、売って終わりじゃないんですね!! ほんとにわかるんです!! 僕も自分でカーテンレールなんて付けたことなかったし、付いてるもんだと持ってたし、でも、付けてみると、ネジが打たさるところと、ぜんぜんネジが入っていかないところがあって、「アレ? あれ?   ? おかしいな レールがぜんぜん壁に付かない!! 手で触っただけで、ずれちゃう。。。。。え!?  なんで??なんでっ???」

ってなっちゃって、。 この経験は初めて感じた感覚でした。多くの方が一生に一度の家造り。 そのお家の完成の日にかいた「冷や汗」。 知っておかなきゃならないことがある!!!って感じましたね。すぐ棟梁の所に聞きに行きました!!! なるほど!!!!なるほど!!! 竹中組の家造りって奥が深い!! そしてわかるとびっくりなことが多い!!!んです!!  

 いやほんと、たしかに、ジョイントに高価な金属挟んでたら、ネジ入らないわねーーーー。だから『あ、石膏ボードのネジに当たっっちゃった!?』って思ったのか。。。。 わざと金属入れてるなんて。ね。さすが2050年のお家!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業コーディネーター

 

佐藤 真美

(さとう まみ)

   ≪サトマミ≫

 

写真撮影中

 

(^^♪

竹中組OBの皆さん。竹中組に新入社員が入ります。点検等で一緒に伺ってご挨拶致しますので、宜しくお願い致します<m(__)m>

 

『はじめまして。佐藤と申します。すてきなお家を造っている会社みたいだよ~って聞いたことがあって、ちょっと興味がわいてました。でも、まさか私につとまるとはぜんぜん思っていなくて、でも社長さんとか、皆さんに会った時に「もともと経験者なんかいないよ♪」とかみんな「任せろ。職人さんみんな教えてくれるし、OBさんも良い人達ばかりだから」とか言ってくれたので、新しい世界に挑戦してみようと思いました。せっかく頑張ってみるなら外に出ていろんな方とお話ができる営業をやってみたいと思いました♬これから「令和30年のお家」の猛勉強始めますのでよろしくお願い致します。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆるきゃら担当

 

おつひめ(乙姫)

 

 ブログを見る

 

 

 

江部乙の奥地の丸加高原の竹林から来た妖精らしい。竹中社長が現場から帰るときに光る竹を発見。切ってみたところこの子がいた。

変なフクロウを連れている。

あちこちの地主と仲が良い。土地情報と値下げ交渉がうまいらしい。

 

このページのTOPへ